トライアンフ ストリートトリプル にローシートモデル追加

モーターサイクル レスポンス

トライアンフモーターサイクルズジャパンは、ストリートバイク『ストリートトリプル』シリーズに「ストリートトリプルR Low」を追加導入し、10月14日より発売すると発表した。

ストリートトリプルはこれまで、スタンダードモデルの「ストリートトリプルS」、サーキットも余裕で攻めることができるハイパフォーマンスモデル「ストリートトリプルRS」の2モデルを日本市場で展開。

ストリートトリプルR Lowは、サスペンションセッティングによりシート高をストリートトリプルRSと比べて45mm低くすることで、足つき性の良さと乗りやすさを兼ね備えたモデルとなる。

パワーユニットは『デイトナ』のエンジンをベースに完全新設計された765ccエンジンを搭載。最高出力は118ps、最大トルクは77Nmを発生。「ロード」「レイン」「スポーツ」「ライダー」、4種類のライディングモードを設定したほか、車載コンピューターの各種情報を表示する完全新設計の角度調整式フルカラー5インチTFTディスプレイを搭載する。

車体色はジェットブラック、クリスタルホワイト、マットアルミニウムシルバーの3色を用意。予定価格はジェットブラックが125万円、その他2色は127万2000円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • トライアンフ・ストリートトリプルR Low
  • トライアンフ・ストリートトリプルR Low
  • トライアンフ・ストリートトリプルR Low
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ