全国の高速道路乗り放題パス、訪日外国人向けに...エリア拡大した Japan Expressway Pass

業界 レスポンス

訪日外国人利用者向けに、全国の高速道路が1週間単位で乗り放題となるジャパン・エキスプレスウェイ・パス(Japan Expressway Pass)が、10月13日から販売される。

高速道路各社が地域別に発売した例はあるが、対象を全国に拡大したパスは初めてだ。「高速道路ネットワークは全国各地域に繋がっているので、ゴールデンルートのみならず、高速道路網を通じて、各地域に多くの外国人旅行者が訪れていただき、地方部の誘客、活性化に繋がることを期待している」(石井啓一国土交通相)。

料金は7日利用2万円、14日利用3万4000円。例えば東京〜名古屋の普通車料金は7090円なので、外国人向けに料金はかなり抑えられている。

東・中・西のNEXCO3社と宮城県、京都府、兵庫県の道路公社3社の6社共同で発売する。各社も「1万kmの高速道路が応援する」と、利用促進に取り組み始めた。

全国275のレンタカー会社の店頭で、運転者本人がレンタカーを借りる時に申し込む。契約時に会社所有のETCカードの貸与を受けて利用する。エリア外の有料区間を利用した場合は、返却時にレンタカー会社で清算する。

地域限定版の訪日外国人向けの高速道路乗り放題パスは、NEXCO3社のほか名古屋高速公社、愛知道路コンセッションが全部で7商品発売している。

  • 中島みなみ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ