【福祉機器展2017】今と未来を確かめる…自動車メーカーも出展 今日から

業界 レスポンス

アジア最大規模で日本初のの福祉機器の国際展示会である「第44回 国際福祉機器展 H.C.R.2017」が、9月27〜29日、東京臨海都心の東京ビッグサイトで開催される。主催は全国社会福祉協議会と保健福祉広報協会。

H.C.R. 2017では、15か国と1地域より528社の企業・団体が数多くの製品を展示する。自動車メーカーも各種福祉車両を出展する予定だ。来場者は12万人を見込む。2016年実績は527社が出展、11万2752人が来場した。

ハンドメイドの自助具から最先端技術を活用した介護ロボットまで、福祉機器の今・未来を確かめられる。セミナーやイベント内イベントも実施される。

企画

■海外の社会保障、福祉制度・施策に関するシンポジウム……海外の社会保障、福祉制度・施策に関する最新動向や情報提供のため、国際シンポジウムを開催する。

■利用者・家族向けのセミナー……福祉機器の適切な選び方・使い方の知識や情報提供など、利用者・家族向けに役立つテーマ。

■福祉施設役職員・福祉機器企業関係者向けのセミナー……福祉施設職員、福祉機器企業関係などへの情報提供やスキルアップ。

■時代の変化に応じた特別企画……最新の福祉機器や介護ロボット、障害のある子ども向けの機器の手中展示や療育相談や、高齢者向けの料理講座の開催など。

  • 高木啓
  • マツダ・ロードスター手動運転装置付車
  • ホンダ・テックマチックシステムDタイプ
  • ホンダ歩行アシスト
  • タント・ウェルカムシートX SA III
  • 日産 NV350キャラバンチェアキャブ 車いす2名仕様
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ