テスラとメルセデス、EVへの投資を巡ってツイッターで応酬

エコカー レスポンス

米国のEVメーカーのテスラと電動化を急速に加速させているドイツの自動車大手、ダイムラー(メルセデスベンツ)。電動化への投資を巡って、両社がネット上で舌戦を繰り広げた。

事の発端は9月26日、テスラのイーロン・マスクCEOのツイート。ダイムラーは9月21日、米国でのEV生産に10億ドルを投資すると発表。マスクCEOはこれを、「ダイムラー/メルセデスのような大企業としては、投資額がひと桁少ない」と批判したのだ。

これに対して9月26日、ダイムラーはさっそくツイート。「たしかにひと桁少ない。10億ドルはバッテリー生産に関する投資、次世代EVへの投資は100億ドルだ」と、マスクCEOの批判に反論している。

かつては資本提携を結んでいたテスラとダイムラー。しかし現在、この提携は解消されており、両社はEVの分野でライバル関係にある。

  • 森脇稔
中古車ランキング
カーライフ注目情報
中古バイクランキング
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ