日本勢初優勝へ至る戦いを余すことなく記載…マツダチーム ルマン初優勝の記録

モータースポーツ レスポンス

『マツダチーム ルマン初優勝の記録』

ロータリーエンジンによる戦い 1979〜1991

桂木洋二 船本準一 三浦正人著

GP企画センター編

発行:三樹書房

定価:2400円(消費税抜き)

2017年9月25日刊行

ISBN978-4-89522-674-5

第59回ルマン24時間レースは1991年6月22日午後4時にスタートし、その24時間後の6月23日午後4時にゴール。このとき、日本勢として初めて、さらにはロータリーエンジンとしても初めて優勝を飾ったのが、“55”のゼッケンを貼るマツダ『787B』だった。

そこからさかのぼること12年前の1979年、マツダ(正確にはマツダオート東京チーム)は、本格的にルマンにチャレンジする。このときは予選タイムが思うように伸びず予選不通可。2年後の1981年、予選通過は果たしたもののドライブトレイン系のトラブルでリタイアしてしまう。マツダがルマン完走を果たしたのはその翌年、1982年のことだった。そこから着実に技術を磨き、様々な知恵を駆使して毎年挑戦を続けていく。同時にヨーロッパのレース界に認められるまでに成長していった。

そして1991年、気まぐれなルマンの女神はついにマツダチームに微笑んだ。この年はレギュレーション変更により、ロータリーエンジンで走ることが出来る最後のチャンスの年でもあり、そこで、マツダは悲願の優勝を遂げたのだ。

本書は、総合優勝に至るまでの様々な経緯やチャレンジを関係者に取材。それぞれの立場から当時の出来事が語られている。さらに、ルマンにエントリーしたロータリーエンジンの技術的変遷がまとめられ、資料性としての価値も持ち合わせている。今回は、50周年を記念したオビを装着して新装版として刊行されたものである。

(((

◆出版・編集関連事業に携わる方々へ:御社で発行されるモビリティ(自動車、モーターサイクルなど)関連書籍、雑誌を当編集部までお送りください。レスポンスで紹介させていただきます。送り先は「〒163-0228 東京都新宿区2-6-1 新宿住友ビル28階 株式会社イード『レスポンス』編集部」。

)))

  • 内田俊一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ