フォードの新VRアプリ、運転中スマホの危険を体験…9割に効果

テクノロジー レスポンス

フォードモーターは10月9日、新たなVR(仮想現実)アプリ、「フォード・リアリティ・チェック」を開発した、と発表した。

このアプリは、スタジオ・ハッピー・フィニッシュと共同開発。若いドライバーの運転中のスマホ操作が、どのような結果を招くか、実際に体験できるというもの。

最新の欧州委員会のデータによると、毎年欧州では3600人以上の若者が交通事故で死亡。その3分の2がドライバー。フォード・リアリティ・チェックの狙いは、若いドライバーの安全運転を支援すること。

フォード・リアリティ・チェックでは、グーグルのVRソフトウェア、「Daydream」を使用。VRヘッドセットを装着して、運転中の通話やメールなどを体験。それにより事故を引き起こし、その重大な結果の責任を問われ、裁判を受けるという内容。

フォードモーターは、「このアプリを使用した人の9割が、運転行動を変えると答えた」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • フォードの新VRアプリ、「フォード・リアリティ・チェック」
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ