パナソニック、自動運転・コネクテッドカー向けサイバーセキュリティ技術を開発

テクノロジー レスポンス

パナソニックは、自動運転・コネクティッドカーに対するサイバーセキュリティ対策を実現するオートモーティブ侵入検知・防御システムを開発したと発表した。

コネクテッドカーはICT端末としての機能を持ち、先進安全システムや自動運転を実現する次世代のクルマとして注目を集めているが、ネットワークに常時接続するため、現在のITシステム同様、世界中からのサイバー攻撃にさらされる危険性を併せ持つ。

パナソニックが開発したオートモーティブ侵入検知・防御システムは、車載機に搭載する「監視モジュール」と、監視モジュールと連携する「監視クラウド」で構成される。監視モジュールが監視ルールに基いて車両内部を監視。サイバー攻撃をリアルタイムに検知するとともに、検知したサイバー攻撃を防御することが可能となる。

また、自動車はライフサイクルの長い商品であり、出荷時に想定していた攻撃よりも進化した攻撃にさらされる可能性もある。同システムでは、進化した攻撃の情報をクラウド側で収集するとともに、対策した新しいルールを自動車に配布・更新。新しい攻撃にも対応、出荷後も車両の安全を維持できる。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ