これが2025年のMINI? BMWと米大学、コンセプトカー共同開発

エコカー レスポンス

BMWグループと米国のクレムソン大学国際自動車研究センターは10月14日、MINI『ディープオレンジ7コンセプト』を共同発表した。

MINIディープオレンジ7コンセプトは、2025年以降の米国のプレミアムカー市場をターゲットに開発されたコンセプトカー。BMWグループのアドバイスを受けながら、クレムソン大学国際自動車研究センターの18の学生が、コンセプトカーの製作に取り組んだ。

デザインは、現行のMINIにはない斬新なもの。ボディは小型の3ドアハッチバック。フロントウインドウは、フロントフードと一体で開閉する。室内は、インフォテインメントを「MINI FACE」に集約。ドライバーのニーズを予想し、ホログラフィックディスプレイに各種情報を表示する。

パワートレインは、内燃機関、2種類のプラグインハイブリッド(PHV)、EVの全4種類に対応。柔軟なデザインにより、4種類のパワートレインがすべて同じ車両プラットフォーム上に構築できるようにした。

EVとPHVでは、電動モーターの冷却装置を車両のロッカーパネル内に統合。そのため、従来のラジエーターが不要で、フロントの収納スペースに簡単にアクセスできる。

  • 森脇稔
  • MINI ディープ オレンジ 7 コンセプト
  • MINI ディープ オレンジ 7 コンセプト
  • MINI ディープ オレンジ 7 コンセプト
  • MINI ディープ オレンジ 7 コンセプト
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ