【東京モーターショー2017】ボッシュ、コネクテッドサービスのデモ車両を日本初公開へ

新車 レスポンス

ボッシュは、10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)される「第45回東京モーターショー2017」にて、「交通事故のない(Accident-free)」「ストレスのない(Stress-free)」「排出ガスのない(Emissions-free)」の3分野で、未来のモビリティを形作るための製品と技術を紹介する。

Accident-free分野では、車線内の自車位置を数cm単位の精度で把握する「Bosch Road Signature」の仕組みを紹介。車両のレーダーやカメラから得たデータをボッシュのクラウド上で加工し、マップを作成するパートナー企業のクラウドと連携して自動運転に使用できる高精度なマップを作成する。また、故障が発生してもシステム動作を継続させる「フェールオペレーショナル」対応の自動運転向け電動パワーステアリングシステム用パワーパックを日本初公開する。

Stress-free分野では、自動車向けの各種コネクテッドサービスを体験できる「コネクテッド デモンストレーター」を日本初展示。車載ソフトウェアの無線更新や予防診断、すでに日本でもサービスが提供されているeCall緊急自動通報などのコネクテッドサービスを体験できる。そのほか、単一のコンピュータで複数のディスプレイを統合制御する次世代ヘッドユニットや、ディスプレイに触れるとハプティック(触覚的)なフィードバックを返すタッチスクリーン「neoSense」を日本初公開する。

Emissions-free分野では、EV向けのトータルシステムを提案するEVステーションを日本初出展。EVステーションには、VCU(コントロールユニット)、バッテリー、DC/DCコンバーター、iBooster(電動ブレーキブースター)、サーマルマネジメントシステムに加え、トランスミッション、パワーエレクトロニクス、モーターを1つのコンパクトなユニットに一体化させた電動車軸「eAxle」が含まれている。また、モーター、バッテリー、ディスプレイ、チャージャーで構成される「ボッシュeバイクシステム」を組み込んだ電動アシスト自転車を日本で初めて展示する。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ