アウディ A7スポーツバック 新型…タッチパネルはスマホ感覚

新車 レスポンス

アウディは10月19日、新型『A7スポーツバック』に最新の車載コネクティビティを採用すると発表した。

新型A7スポーツバックの車載コネクティビティの特徴のひとつが、新開発の「MMIタッチレスポンスコントロールシステム」。先代のロータリープッシュボタンやスイッチ類に代わるもので、2つの大型高解像度タッチディスプレイを採用する。上側のディスプレイで、インフォテインメントシステムを操作。下側に8.6インチディスプレイが設置され、空調システムの操作や、文字の入力を行う。

MMIタッチレスポンスコントロールシステムにより、タッチパネルを操作すると、触感と音によるフィードバックがもたらされる。その操作は、スマートフォン同様、誰もが直感的に行えるように工夫された。機能を立ち上げる時には、ユーザーは確認のためのクリックを、耳で聞いて指で感じることができる。アウディによると、オプションの「オンラインボイスコントロール」を使えば、操作はさらに簡単になるという。

新型には、ヘッドアップディスプレイを設定。重要な情報をフロントウインドウに映し出す。また「MMIナビゲーションプラス」を選択すると、12.3インチの大型ディスプレイを備えたフルデジタルの「アウディバーチャルコクピット」が装着される。

また、最大7名のドライバーが、自分のユーザープロファイルを車両に記憶できる。各ドライバーに関し、400のパラメーターが記憶され、それにより車が自動的に設定される仕組み。「アウディコネクト」から提供されるオンラインサービスも、さらに拡大。新しく追加されたサービスの中には、アウディフリートのスワームインテリジェンスを利用した「Car-to-X」サービスがあり、交通標識やハザード情報の提供などが含まれている。

  • 森脇稔
  • アウディA7スポーツバック新型
  • アウディA7スポーツバック新型
  • アウディA7スポーツバック新型
  • アウディA7スポーツバック新型
  • アウディA7スポーツバック新型
  • アウディA7スポーツバック新型
  • アウディA7スポーツバック新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ