【SEMA 2017】プリウス のボディに V8スーパーチャージド移植…1000hp超え

新車 レスポンス

米国のアメリカン・レーシング・ヘッダーズは10月31日、米国ラスベガスで開幕したSEMAショー2017において、トヨタ『PriuSRT8』を初公開した。

同車は2世代目トヨタ『プリウス』をベースにしたカスタマイズカー。車名の「SRT8」とは、FCA(フィアット・クライスラー・オートモビルズ)のダッジ、ジープ、クライスラーの各ブランドに用意される高性能モデルを指す。

トヨタPriuSRT8では、プリウスのハイブリッドシステムに代えて、ダッジ『チャレンジャー』『チャージャー』の頂点に立つ「SRTヘルキャット」用の6.2リットルV型8気筒スーパーチャージドを移植。ノーマル状態で最大出力707hpを発生するこのエンジンだが、PriuSRT8ではスーパーチャージャーを大容量化し、最大出力1000hp以上を引き出す。

また、シャシーはカスタムメイドのラダーフレーム。駆動方式もFFからFRに変更されており、ドライブシャフトはカーボンファイバー製とした。トランスミッションは6速MT。室内には、ロールケージが組み込まれている。

  • 森脇稔
  • トヨタ PriuSRT8
  • トヨタ PriuSRT8
  • トヨタ PriuSRT8
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ