欧州で超急速充電ネットワーク400か所設置へ…BMW、ダイムラー、VW、フォードが会社設立

エコカー レスポンス

BMWグループ、ダイムラー、フォルクスワーゲングループ(アウディとポルシェを含む)、フォードモーターの4社は11月3日、共同出資の新会社、イオニティ(IONITY)を設立したと発表した。

イオニティ設立の目的は、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)などの電動車両の普及促進にある。イオニティは、超急速充電ステーション400か所を、2020年までに欧州に設置する計画を掲げている。

この超急速充電ステーションは、現行のものを上回り、最大で出力350kWで充電できるのが特徴。そのため、既存のシステムと比較して、充電時間を大幅に短縮できるメリットが生まれる。

なお、イオニティはドイツのミュンヘンに本拠を置く。2017年内に、欧州にまずは20か所の超急速充電ステーションの建設を開始。欧州において、電動車両の長距離走行を支援する充電ネットワークを構築していく。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ