4代目ロードスター、初の改良…特別仕様車「レッドトップ」も同時発売

新車 レスポンス

マツダは『ロードスター』および『ロードスター RF』を一部改良するとともに、特別仕様車「レッド・トップ」を設定。11月10日より予約を開始し、12月14日に発売すると発表した。

4代目ロードスター初となる今回の商品改良では、ソウルレッドクリスタルメタリック、スノーフレイクホワイトパールマイカ、エターナルブルーマイカの3色をボディカラーに追加し、バリエーションを拡充した。また、アダプティブLEDヘッドライトを新採用し、夜間でも安全・安心な運転環境を提供。リアコンソールボックス(キー付)内部床面への遮音マット追加や、布シートへのシートヒーター設定など、快適性の向上を図った。

ソフトトップモデルは、リアサスペンションやステアリングフィールを改良、あわせて静粛性も向上させることでより快適なドライビングを実現。またタコメーターの文字に白印刷を追加し、LEDによる発光と共に発色を改善、主に昼間走行時の視認性を向上させた。

価格はソフトトップモデルが249万4800円から320万7600円、リトラクタブルハードトップモデル(RF)が325万0800円から374万7600円。

特別仕様車レッドトップは、新採用のダークチェリー色のソフトトップやオーバーン(赤褐色)のナッパレザーシートのインテリア、ボディ同色ドアミラー、高輝度塗装16インチアルミホイールなどを採用し、個性的なカラーコーディネートに仕上げている。

価格はMTが304万5600円、ATが315万3600円。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ