インテル、集めてる…完全自動運転車向けデータ収集車両を公開

業界 レスポンス

インテルは11月14日、ポルトガルのリスボンで開催された「ウェブサミット2017」において、レベル4の完全自動運転車に用いるためのデータ収集車両を公開した、と発表した。

「ウェブサミット」は、世界最大規模の技術カンファレンス。今年は160以上の国から、6万人以上の来場者が訪れている。

このデータ収集車両は、インテルとモービルアイが顧客に対して迅速にソリューションを届けられるよう、独自に開発したもの。インテルは2017年3月、モービルアイの買収を発表。モービルアイはインテルに買収された後も、自動車メーカー、部品メーカー、半導体パートナーなどとの既存の協力関係を維持し、高度な自動運転プログラムの開発を進めている。

インテルによると、エッジ端末の精度を向上・維持するために、画像やビデオから詳細な地図を作成する過程において、映像データの収集は自動運転に必要不可欠。インテルは、テスト車両から生み出されるデータや知見を活用することで、より安全な車両を一般道で走行させることを目指す。

インテルのブライアン・クルザニッチCEOは、「自動運転を実現するためのエッジとしての小型で低消費電力なモバイル端末から、没入感に優れたビデオを可能にする大規模で複雑なアプリケーションまで、データやAIの力が私達の生活を変えていくことは明らか」と述べている。

  • 森脇稔
  • インテルのレベル4の完全自動運転車に用いるためのデータ収集車両
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ