謎のBMW i8 をスクープ...正体は450馬力の「S」か

新車 レスポンス

謎のBMW『i8』プロトタイプをドイツ市街地で捕捉した。当初フェイスリフトモデルかと思われたが、その正体は2018年にも投入されると見られる高性能モデル「S」の可能性が高い事がわかった。

この車両は、ベースモデルより大型のフロントスプリッターが装着されているほか、バンパー左右にはリップスポイラー、大口ベンチレーションやテールライトの間のリアスポイラーなど、ベースモデルや公開間近の『i8ロードスター』プロトタイプでは見られなかったエアロパーツを装備している。

入手した情報によれば、i8はマイナーチェンジで420psへと出力アップが予想されおり、この「S」では450psへと達する可能性もあるという。またマイナーチェンジモデル及び「S」には14kWhのリチウムイオンバッテリーの搭載が噂されている。ハイブリッドでのモード燃費は24km/リットルを超えると予想されている。

マイナーチェンジとなる改良新型i8、「S」共に2018年秋までにワールドプレミアが行われるだろう。

  • 子俣有司@Spyder7
  • BMW i8 S スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • BMW i8 S スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • BMW i8 S スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • BMW i8 S スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • BMW i8 S スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • BMW i8 S スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • BMW i8 S スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • BMW i8 S スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • BMW i8 S スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ