ホンダ C001 ワールドプレミア…次世代セダン提示【広州モーターショー2017】

新車 レスポンス

ホンダは11月17日、中国で開幕した広州モーターショー2017において、コンセプトカーの『C001』をワールドプレミアした。

C001は、ホンダの中国デザイン部門が手がけたコンセプトカー。中国広州に本拠を置くホンダモーター(中国)テクノロジーのデザイン部門の若手デザイナーが中心となって、設計を行った。このデザインチームは市販車では、東風ホンダの『ジーニア』(GIENIA)、広州ホンダの『クライダー』(CRIDER)を担当している。

C001は、次世代の小型セダンを提案した1台。そのデザインは、4ドアクーペといえるもの。薄型のヘッドライトや抑揚を効かせたボディラインが特徴。グリルレスのフロントマスクは、電動パワートレインの搭載を想定している可能性もある。

ホンダは、「中国市場を深化させるためのホンダの意思と、中国のデザインチームの成長を示すもの」と説明している。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ