GMがEVフルライン化へ、年間100万台販売目指す…2026年

エコカー レスポンス

米国の自動車最大手、GMは11月16日、米国で開催された「バークレイズ2017世界自動車会議」において、2026年に全世界でEVを100万台販売する計画を発表した

GMは現在、シボレーブランドの小型EV、『ボルトEV』を米国で販売中。中国でも、複数のモデルにEVを設定している。しかし、販売は伸びていない。

そこでGMは2021年、新開発のEV用プラットフォームを導入する予定。乗用車からクロスオーバー車、SUV、商用車まで、EVをフルライン化することで、2026年にEV世界販売100万台の達成を目指す。

また、将来のバッテリーに関しては、コスト削減を進めると発表。現行のボルトEVに使用しているリチウムイオンバッテリーに対して、コストを3割低減。収益性を高める戦略を打ち出している。

  • 森脇稔
  • シボレー ボルト EV
  • GMの中国宝駿(Baojun)ブランド初の市販EV、E100
  • 上海GMのセイル SPRINGO EV
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ