三菱 ミニキャブトラック、ABSを全グレード標準装備化

新車 レスポンス

三菱自動車は、軽商用車『ミニキャブトラック』に安全装備の採用グレードを拡大するなど一部改良を施し、11月22日より販売を開始した。

今回の一部改良ではABS(アンチロックブレーキシステム)および、助手席エアバッグ、助手席シートベルトプリテンショナーを「M」と「みのり」に採用することで全グレード標準装備化し、安全性を向上させた。

また、全グレードでグローブボックスのサイズ拡大、アクセサリーソケットの追加を行い、使い勝手いや利便性を向上させた。そのほか、「G」に設定しているAM/FMラジオ&CDプレーヤーを1DINタイプから2DINタイプに変更した。

価格は85万3740円から121万0680円。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ