欧州COTY 2018最終選考7台、A8 や 5シリーズ が残る…日本車はなし

モータースポーツ レスポンス

欧州カーオブザイヤー主催団体は11月27日、「カーオブザイヤー2018」の最終選考7台を発表した。

欧州カーオブザイヤーは、今年で31回目。欧州の20か国以上、約60名のジャーナリストが、2016年夏以降にデビューし、2017年内に欧州市場で発売予定の車を含めた新型車の中から、ベストな1台を選出する。

欧州カーオブザイヤー2018の最終選考7台は以下の通り。

●アルファロメオ ステルヴィオ

●アウディ A8

●BMW 5シリーズ

●シトロエン C3 エアクロス

●キア スティンガー

●セアト イビーサ

●ボルボ XC40

日本車は、1台も最終選考に残っていない。地元の欧州勢が大半を占め、新型アウディ『A8』、新型BMW『5シリーズ』、ボルボ『XC40』などが、最終選考に駒を進めた。

欧州カーオブザイヤー2018は2018年3月、ジュネーブモーターショー2018で決定する予定。前回は、新型プジョー『3008』が栄冠に輝いている。

  • 森脇稔
  • BMW 5シリーズ セダン 新型
  • ボルボ XC40
  • シトロエンC3エアクロス
  • アルファロメオ ステルヴィオ
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ