アストンマーティン、発祥の地で10年ぶりに生産再開…DB4 G.T.がラインオフ

業界 レスポンス

アストンマーティンは、1954年に工場を設立した同社の発祥の地、英国ニューポート・パグネルにおいて、生産を再開した、と発表した。

アストンマーティンは2003年、近代的な設備を備えたゲイドンに本社を移転。ニューポート・パグネルでは2007年の『ヴァンキッシュ』をもって、生産を終了した。それ以来、ニューポート・パグネルは、アストンマーティンのクラシックカーの販売、サービス、レストアを行うアストンマーティン・ワークスが拠点としてきた。

これまでニューポート・パグネルでは、数えきれない程のクラシックカーが、過去の栄光を取り戻すため、アストンマーティン・ワークスの熟練工の作業によってレストアされている。

今回、ニューポート・パグネルにおいて、アストンマーティンは『DB4 G.T. Continuation』の生産を再開。同車は、伝説の名車とされる『DB4 G.T.』の復刻モデルで25台を限定生産する計画。オリジナルのDB4 G.T.は、およそ60年前、同じ場所で生産されていた。

これにより、ニューポート・パグネルがアストンマーティン第二の生産施設として稼働したことに。なお、同工場でアストンマーティンが生産を行うのは、およそ10年ぶりの出来事となる。

  • 森脇稔
中古車ランキング
カーライフ注目情報
中古バイクランキング
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ