懐かしい車名だけどスタイルはSUVに一新した三菱 エクリプスクロス を展示…東京オートサロン2018

新車 レスポンス

三菱自動車ブースではまもなく日本国内向けの販売が始まる『エクリプスクロス』の実車展示が行われ、早くも来場者の注目を集めていた。

「エクリプス」という車名からは以前ラインナップされていた2ドアクーペスタイルのクルマを思い浮かべがちだが、今回の「エクリプスクロス」はSUVクーペの新たなる提案とされている。

会場内で展示されているエクリプス クロスは3台あるが、平置きされている2台がオートサロン向けのカスタマイズが施されたもの。勾配を駆け上がる傾斜イメージで展示されている1台が市販されるノーマル仕様のものだという。

1.5リットル直噴ターボエンジンに8速CVTを組み合わせており、電子制御4WD(S-AWC)によって悪路や雪道などでも高い走破性能を誇る。上級モデルには運転席ヘッドアップディスプレイ(HUD)や、手元のタッチパッドコントローラーによって操作可能なディスプレイオーディオも設定されている。

また、東京オートサロンの開催にあわせ、「Special NIGHT SHOWROOM」と銘打ったイベントも開催。インターネット経由でエクリプス クロスに関したトークショーを楽しむことができる。

  • 石田真一
  • エクリプスという車名ではあるが、SUVクーペスタイルに一新した。《撮影 石田真一》
  • 上級モデルにはディスプレイオーディオを設定。《撮影 石田真一》
  • オーディオのコントロールはタッチパッドで行う。《撮影 石田真一》
  • 発売間近のエクリプス クロスを展示した三菱自動車ブース。《撮影 石田真一》
  • エンジンは1.5リットル直噴ターボ。《撮影 石田真一》
  • USB端子も付いているのが今どきのクルマだ。《撮影 石田真一》
  • 勾配を突き進むイメージのこれが市販ノーマルスタイルとのこと。《撮影 石田真一》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ