オフロードモード搭載、メルセデスベンツ Gクラス 新型のティザーイメージ…デトロイトモーターショー2018で公開へ

新車 レスポンス

メルセデスベンツは1月11日、米国で1月15日に開幕するデトロイトモーターショー2018でワールドプレミアする新型『Gクラス』の市販モデルの新たなティザーイメージを公開した。

現行Gクラスは1979年、『ゲレンデヴァーゲン』として誕生。以来、細かな改良を実施しながら、基本設計を変えることなく、およそ40年に渡って生産され続けてきた。そのGクラスの2世代目モデルが、デトロイトモーターショー2018で初公開される。

なお、新型Gクラスには、「Gモード」を搭載。このオフロード走行専用モードでは、ダンパーやステアリング、アクセルがオフロード向けのセッティングとなり、Gクラスの持ち味の高い悪路走破性をサポートするという。

今回、メルセデスベンツが公開したティザーイメージでは、新型Gクラスが砂漠を走行するシーンを紹介。優れたオフロード性能を備えていることがうかがえる。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ