ホンダ シビックタイプR 新型にWTCRレーサー、ジュネーブモーターショー2018で発表へ

モータースポーツ レスポンス

ホンダは、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018において、レーシングカーの新型ホンダ「シビックタイプR TCR」を初公開すると発表した。

同車は、新型ホンダ『シビックタイプR』をベースに、2018年シーズンの「WTCR」ツーリングカー選手権に参戦するために開発されたレーシングカー。WTCRは、2017年シーズンで13年の歴史に幕を下ろしたWTCC(世界ツーリングカー選手権)に代わって、FIA(国際自動車連盟)が開始する新たな国際ツーリングカーレース。ホンダをはじめ、フォルクスワーゲン、アウディ、プジョー、ルノー、アルファロメオ、ヒュンダイ、キア、オペル、セアト、ラーダの自動車11ブランドが参戦する。

新型シビックタイプR TCRには、最新のFIAリフティングデバイスを搭載した新型マルチリンクリアサスペンションとアンチロールバーシステム、最新の電子制御ユニット(ECU)、改良されたロールケージなどを採用する。

さらに、ABSが使用可能なVLN24時間耐久シリーズなどのレースにエントリーする顧客向けの仕様も用意。外観は市販モデルに対して、エアロダイナミクス性能を引き上げる変更を実施。大型のフロントリップスポイラーやリアウイングが、迫力のルックスを実現している。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ