ホンダ シビックタイプR と レクサス LC が残った、ワールドパフォーマンス賞の最終選考3台

新車 レスポンス

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は3月6日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2018において、「ワールドパフォーマンスカー2018」の最終選考3台を発表した。

ワールドパフォーマンスカーは、ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)の賞のひとつ。今回は2016年秋から2017年秋にかけてデビューした新型車の中から、最も動力性能に優れるモデルを選出する。

条件は、2018年春まで生産と販売を継続しており、世界2大陸以上で販売されていること。つまり、欧州専用車、北米専用車、日本専用車などは選考対象から外される。世界20か国以上、およそ70名のジャーナリストが、投票を行う。

ワールドパフォーマンスカー2018の最終選考3台は、以下の通り。

●BMW M5

●ホンダ・シビックタイプR

●レクサスLC500

日本メーカーからは、新型ホンダ『シビックタイプR』、レクサス『LC500』の2台が最終選考に駒を進めた。ドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおいて、市販FF車最速のラップタイムを打ち立てたシビックタイプR新型と、レクサスブランドの新たな最上級クーペのLC500がファイナリストに。

欧州メーカーでは、BMWから新型『M5』が選出。なお、第二次選考に残っていたアルファロメオ『ジュリア・クアドリフェリオ』とアウディ『RS3セダン』は、ファイナリストに残らなかった。

ワールドパフォーマンスカー2018は3月28日、米国で開幕するニューヨークモーターショー2018で発表される予定。前回は、ポルシェの新型『ボクスター』/『ケイマン』が栄冠を手にしている。

  • 森脇稔
  • レクサスLC500
  • BMW M5新型
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ