レクサス LC が残る、ワールドカーデザイン賞の最終選考3台発表

新車 レスポンス

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は3月6日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2018において、「2018ワールドカーデザインオブザイヤー」の最終選考3台を発表した。

ワールドカーデザインオブザイヤーは、ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)の賞のひとつ。今回は、2016年秋から2017年秋にかけてデビューした新型車の中から、最もデザイン性に優れた1台を選ぶ。

条件は、2018年春まで、世界の少なくとも1市場で販売されていること。世界20か国以上、およそ80名のジャーナリストに7名のデザインの権威が加わり、審査を行う。

2018ワールドカーデザインオブザイヤーの最終選考3台は、以下の通り。

●レクサスLC500

●ランドローバー・レンジローバー・ヴェラール

●ボルボXC60

日本メーカー車では唯一、レクサス『LC』がファイナリストに。同車は、レクサスブランドの新たなフラッグシップクーペとなる。

他の2台は欧州車で、ランドローバーの『レンジローバー・ヴェラール』と、ボルボの新型『XC60』が最終選考に進んだ。なお、シトロエン『C3エアクロス』とルノー・アルピーヌ『A110』は、この時点で脱落となった。

2018ワールドカーデザインオブザイヤーは3月28日、米国で開幕するニューヨークモーターショー2018で発表予定。前回は、ジャガー『F-PACE』が、ワールドカーデザインオブザイヤーの栄冠を手にしている。

  • 森脇稔
  • ボルボXC60新型
  • ランドローバー・レンジローバー・ヴェラール
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ