道路をステーションにしたカーシェアリング、第2弾を東京新橋で開始へ

社会 レスポンス

パーク24は、国土交通省が実施している「道路空間を活用したカーシェアリング社会実験」の国内2か所目となる対象ステーションを3月13日、新橋にオープンする。

社会実験は、地下鉄駅に近接した道路上にステーションを設置し、公共交通とカーシェアリングの連携強化による、公共交通の利用促進の可能性検証が目的だ。2016年12月20日より、第1弾として地下鉄大手町駅に近接した国道1号で実施されており、パーク24はカーシェアリング事業者として参加。大手町のステーションで有用性が確認されたことから、第2弾として、立地特性の異なる新橋にステーションを設置し、さらなる検証を行う。

新ステーションは、JR新橋駅から徒歩3分の国道15号の道路上に設置。大手町のステーションと同様に、超小型EVによるワンウェイトリップ方式のシェアリングサービスの実証実験「Times Car PLUS × Ha:mo」の1ステーションとして運用する。同サービスでは現在、東京都心部を中心に車両約100台、約100のステーションを展開しているが、JR新橋駅周辺にはステーションがなく、設置の要望も多かった。パーク24では、今回の道路上へのステーション設置により、快適な移動手段としての利用がさらに増えるとみている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 出発〜返却方法
  • 利用琉金
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ