ダイムラー、中国北京汽車のEV子会社に出資…新エネルギー車事業を強化へ

エコカー レスポンス

メルセデスベンツを擁するダイムラーは3月8日、中国合弁パートナーの北京汽車(BAIC)グループの子会社、北京新能源汽車(BJEV)に出資し、株式の3.93%を取得すると発表した。

北京新能源汽車は2009年に設立。中国政府が普及を後押しするNEV(新エネルギー車)を開発する目的で、北京汽車グループが設立した。北京新能源汽車は、中国有数のEVメーカーの1つとして、新エネルギー車とその構成部品の研究開発、生産、販売、サービスを手がけている。

今回、ダイムラーはこの北京新能源汽車への出資を発表。ダイムラーは出資により、新エネルギー車の分野における中国の消費者のニーズに対する理解を深めていく。

すでにダイムラーは、北京汽車との戦略的提携関係の強化に乗り出している。ダイムラーと北京汽車の中国合弁会社で、メルセデスベンツを現地生産している北京ベンツの工場に、新たな投資を行い、製造設備を更新。EVなどの新エネルギー車の生産に備えている。

中国政府は自動車政策として、新エネルギー車の普及を目指している。具体的には、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)を2020年までに、200万台普及させるのが目標。新エネルギー車の販売の割合も、2025年までに2割へ引き上げることを狙う。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ