軒先パーキング、ICT地域活性化大賞奨励賞を受賞 観光地の駐車場不足を解消

テクノロジー レスポンス

駐車場シェアリングサービス「軒先パーキング」が、総務省の「ICT地域活性化大賞2017」の奨励賞を受賞。3月9日に東京ビッグサイトで開催されたシンポジウム「地域ICTサミット2017」にて表彰された。

総務省では、ICT(情報通信技術)の活用による地域が抱える様々な課題の解決および地域活性化を図るため、地域における自律的な創意・工夫に基づくICT利活用事例を広く募集し、優良事例について「ICT地域活性化大賞」として表彰している。

今回、奨励賞に選ばれた「地域連携型駐車場シェアによる観光課題の解決」は、イベントや行楽シーズンなど、自治体観光客の一時的な増加による駐車場不足や違法駐車解消に向け、個人宅の遊休ガレージや法人の従業員専用駐車場などを有効活用する駐車場シェアリングサービスを導入するというもの。導入コストやランニングコストゼロで、地域の駐車場不足を解消し、渋滞・不正駐車軽減に寄与する点が評価され、応募総数102件の中から奨励賞に選ばれた。

今後も、軒先パーキングでは駐車場シェアリングの仕組みをもとに、イベントや行楽シーズンなどの駐車場不足解消や違法駐車軽減に取り組んでいく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 地域連携型駐車場シェアによる観光課題の解決
  • 軒先パーキング
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ