三菱 アウトランダー、PHEVシステムの9割を改良…ジュネーブモーターショー2018

新車 レスポンス

三菱自動車は、スイスで開催中のジュネーブモーターショー2018で初公開した『アウトランダーPHEV』の2019年モデルに、最新のプラグインハイブリッドEVシステムを搭載すると発表した。

2019年モデルでは、駆動用バッテリーとエンジンを新設計とし、モーターやジェネレーターの出力を向上させるなど、プラグインハイブリッドEVシステムの主要構成部品のうち約9割のコンポーネントを改良しているのが特徴。

エンジン排気量は、2.0リットルから2.4リットルに拡大。カムプロフィールの変更とバルブタイミング制御により、アトキンソンサイクル化を図り、低回転域で効率性の高い発電を可能にする。

また、エンジン発電制御を全域で見直し、エンジン音を大幅に低減させることで、発電によるエンジン始動時の違和感が低減。三菱によると、モーター駆動が生み出す気持ちよい走りが、いっそう楽しめるチューニングを施しているという。

さらに、駆動用バッテリーの蓄電容量は、約15%向上させ13.8kWhに。最大出力も約10%引き上げた。ジェネレーターやリアのモーターの出力も約10%向上させることにより、力強い走りを追求した、としている。

  • 森脇稔
  • 三菱 アウトランダー PHEV の2019年モデル(ジュネーブモーターショー2018)
  • 三菱 アウトランダー PHEV の2019年モデル(ジュネーブモーターショー2018)
  • 三菱 アウトランダー PHEV の2019年モデル
  • 三菱 アウトランダー PHEV の2019年モデル
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ