曙ブレーキ、2018年のモータースポーツ活動計画を発表

モータースポーツ レスポンス

曙ブレーキ工業は、2018年のモータースポーツ活動計画を発表した。

同社は2007年よりF1マクラーレンチームへオフィシャルサプライヤーとしてブレーキシステムを供給し、世界最高峰のモータースポーツフィールドで高性能への挑戦を続けてきた。2014年にはパートナーシップ契約を強化し、マクラーレンチームのテクノロジーパートナーとなり、マクラーレンとの協力体制は今年で12年目を迎える。2018年も引き続き、新型マシン「MCL33」にブレーキキャリパー、マスターシリンダー、ブレーキバイワイヤ油圧ユニットを供給する。

また世界耐久選手権(WEC)では、2013年よりトヨタチームにブレーキキャリパーを供給。今回は2018年5月に開催される第1戦スパ・フランコルシャン6時間レースから2019年6月に開催される第8戦ル・マン24時間レースの2年にわたるシーズンとなり、改良型「TS050 HYBRID」にブレーキキャリパーを供給する。

ニュルブルクリンク24時間耐久レースでは、2010年からチームGAZOOレーシング・レクサス『LFA』向けに供給。今年はSP-PROクラス(予定)のレクサス『LC』にブレーキを供給する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • MCL33
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ