メルセデスベンツ、企業向けコネクトサービスに新機能…ドライバーと「つながる」性能強化

テクノロジー レスポンス

メルセデスベンツは、メルセデスベンツ・コネクティビティサービスが提供する「コネクトビジネス」に新機能を採用すると発表した。

メルセデスベンツ・コネクティビティサービスは、コネクトビジネスの名前の下、法人向けのコネクトサービスを提供。企業の車両管理者を支援するサービスを手がけている。

今回、このコネクトビジネスに新機能を採用すると発表。新たに「ドライバーメッセージング」と呼ばれるサービスが加わる。これは、企業の車両管理者とドライバーの間で、安全かつ効率的なコミュニケーションを可能にするもの。

車両の管理者は、メンテナンスやタイヤ交換の予定などの情報を、素早く簡単にドライバーに送信できる。また、すべての車両関連データは、コネクトビジネスのプラットフォームに蓄積され、車両を集中管理できる、としている。

  • 森脇稔
  • メルセデスベンツ・コネクティビティサービスが提供する「コネクトビジネス」
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ