ビィ・フォアード、右ハンドル車全面輸入禁止のミャンマーに新オフィスを開設

業界 レスポンス

ビィ・フォアードは、ミャンマーが右ハンドル車全面輸入禁止となったことを受け、中古日本車離れを防ぐ目的で首都ヤンゴンに3月17日、初の公式エージェントオフィスを開設した。

ミャンマーはここ数年、日本の中古車輸出仕向地の1、2を争う市場となっており、新車より質の良い日本の中古車が好まれてきた。しかし2018年から右ハンドル車が全面輸入禁止となったことで、日本からの中古車輸出が実質的に停止。ミャンマー消費者の中古日本車離れが予想されている。

右ハンドル車が全面輸入禁止となったものの、ビィ・フォアードは、左ハンドルの日本車をはじめとする中古車を、韓国や欧州、ドバイなどから輸出する三国間取引で、ミャンマー市場でのビジネスを継続。これまで通り多くの在庫の中から中古車を購入できることを消費者に直接アピールするため、新オフィスでは、エンドユーザーにWEBサイトを見せながら、現地スタッフが1台1台在庫から提案するサービスを行う。さらに、輸入許可手続きや通関、車検までをワンストップで行うなど、エンドユーザーが簡単に中古車を買える環境を整え、ミャンマーでの知名度向上を図る。

また、左右ハンドルの規制がない農機や重機、輸入規制のないエンジンなどの自動車部品の販売にも力を入れるほか、中古コピー機など自動車以外の幅広い商材に対しても、新オフィスを拠点に販売ルートを確立、マーケティングデータを取得し、今後の展開に繋げていく計画だ。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ビィ・フォアード ミャンマー新オフィス
  • ビィ・フォアード ミャンマー新オフィス
  • ビィ・フォアード ミャンマー新オフィス
  • ビィ・フォアード ミャンマー新オフィス
  • ビィ・フォアード ミャンマー新オフィス
  • ビィ・フォアード ミャンマー新オフィス
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ