FOMM、小型オープンEVスポーツカーを提案…ジュネーブモーターショー2018

新車 レスポンス

神奈川県川崎市に本拠を置くFOMMは、ジュネーブモーターショー2018において、EVコンセプトカーの『AWDスポーツコンセプト』を発表した。

AWDスポーツコンセプトは、コンパクトなオープンEVスポーツカーを提案した1台。ボディサイズは全長3300mm、全幅1490mm、全高1225mm。サイドドアは、スーパーカースタイルの上方跳ね上げ式を採用する。

EVパワートレインのモーターは、4輪各輪に備わるインホイールモーター。最大トルクは114.2kgmを発生する。バッテリーはリチウムイオンを4個搭載。蓄電容量は11.84kWhとした。

なお、FOMMの車両は、欧州が提唱する「L7e」という小型自動車の規格に準拠。小型乗用車と二輪車の中間に位置するサイズ、としている。

  • 森脇稔
  • FOMMのAWDスポーツコンセプト(ジュネーブモーターショー2018)
  • FOMMのAWDスポーツコンセプト(ジュネーブモーターショー2018)
  • FOMMのAWDスポーツコンセプト(ジュネーブモーターショー2018)
  • FOMMのAWDスポーツコンセプト(ジュネーブモーターショー2018)
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ