集団登校中の小学生、ボタン式信号の設置された横断歩道ではねられ重軽傷

社会 レスポンス

横断歩道とボタン式信号機が設置された道路を渡っていた集団登校中の小学生に対し、軽乗用車が突っ込む事故が起きた。児童2人が重軽傷を負ったが、警察はクルマ側の前方不注視が原因とみているようだ。

☆☆☆

12日午前7時35分ごろ、愛知県小牧市内の市道で、徒歩で横断歩道を渡っていた集団登校中の小学生に対し、交差進行してきた軽乗用車が衝突する事故が起きた。児童2人が重軽傷を負っており、警察はクルマの運転者を逮捕している。

愛知県警・小牧署によると、現場は小牧市文津付近で片側1車線の直線区間。横断歩道とボタン式の信号機が設置されている。小学生は7人で集団登校を行っており、現場の横断歩道を徒歩で渡っていたところ、交差進行してきた軽乗用車にこのうちの2人がはねられた。

この事故で7歳の男児が顔(左眼窩)を骨折するなどの重傷。12歳の女児が打撲などの軽傷を負い、近くの病院へ収容されている。他の5人にケガはなかった。クルマを運転していた同市内に在住する22歳の男にもケガはなく、警察は自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)の現行犯で逮捕している。

現場は見通しの良い区間。事故当時は朝の通勤時間帯で車道は混雑していた。他車両の目撃証言から、横断していた小学生側が青信号だったとみられており、警察では事故当時の信号表示状況を再確認するとともに、クルマ側の前方不注視が事故につながった可能性が高いとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。

☆☆☆

現場の横断歩道は交差点ではない直線区間に設置されているため、視界を遮るような障害物などは存在していないという。事故当時は交通集中によめる小規模な混雑も発生していた。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ