ハイドロプレーニングをドライバーに警告…コンチネンタルが先進運転支援システム発表

テクノロジー レスポンス

コンチネンタルは4月12日、最新の先進運転支援システム(ADAS)を開発した、と発表した。

この先進運転支援システムは、雨の日の高速走行時に起きやすい「ハイドロプレーニング」現象に対応するもの。ハイドロプレーニング現象は、自動車のタイヤと路面の間に水が入り込み、車が水の上を滑る状態に陥って、ステアリングやブレーキが効かなくなる現象を指す。

今回、コンチネンタルが開発したシステムでは、車両側面に装着されたカメラからの信号とタイヤの電子センサーを利用して、初期のハイドロプレーニング現象を検出。ドライバーに警告を発する。

コンチネンタルによると、ドライバーにタイヤの下で何が起こっているかを認識させることにより、ドライバーはハイドロプレーニング現象が本格化する前に、適切に対応することが可能になるという。

さらに、V2X(車車間/路車間)テクノロジーと「eHorizon」による早期の通信により、同じ道路を走行中の他の車両に、ハイドロプレーニング現象が起きやすい場所を知らせることも可能、としている。

  • 森脇稔
  • コンチネンタルのハイドロプレーニング警告システム
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ