いすゞ、大型路線バス エルガ ハイブリッド を全面改良 排出ガス規制適合

新車 レスポンス

いすゞ自動車は、大型路線バス『エルガ ハイブリッド』をフルモデルチェンジし、4月13日より販売を開始した。

今回のフルモデルチェンジにより、平成28年排出ガス規制に適合。さらに、新型のボディおよびハイブリッドシステムを採用することで、基本性能/燃費性能が向上した。

新型ボディでは、ノンステップエリアの長さや通路幅・室内高、さらに後方段上部の室内高を拡大し、広々とした室内空間を実現した。また、反転式スロープ板の採用による車いす乗降の簡易化・時間短縮化など、優先席まわりの安全性を向上。バリアフリー・ユニバーサルデザインをレベルアップした車両となっている。

また、新エンジン「A05C(排気量5123cc)」は小排気量ながらも余裕のある動力性能と燃費性能を両立。加えて、ハイブリッドシステムとAMTの協調制御による変速の最適化により燃費を向上させることで、平成27年度燃費基準+15%の低燃費を実現。エコカー減税の対象となり、取得税は非課税、重量税は免税となる。

価格は3149万9280円。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ