歩道走行中に転倒の自転車が歩行者を直撃、そのまま逃走

社会 レスポンス

ここ最近、自転車による負傷ひき逃げが相次いでいる北海道で、また新たな自転車によるひき逃げ事故が発生した。転倒して滑走してきた自転車と歩行者が衝突、歩行者が重傷を負っている。

☆☆☆

25日午後6時ごろ、北海道札幌市中央区内の市道で、歩道を走行していた自転車が転倒して滑走。前方を歩いていた歩行者の女性に衝突する事故が起きた。女性は重傷を負ったが、自転車に乗った男はそのまま逃走したという。

北海道警・札幌中央署によると、現場は札幌市中央区南1条西3丁目付近。自転車は幅員約4mの歩道を走行していたが、何らかの原因で転倒。自転車はそのまま前方へ単独滑走するとともに、歩いていた23歳の女性に衝突した。

女性も転倒し、両足を亀裂骨折するなどの重傷を負ったが、自転車に乗っていた20歳代とみられる若い男は女性に簡単な謝罪の言葉をかけただけで、その場からすぐに走り去ったという。

警察では自転車による重傷ひき逃げ事件として捜査を開始。周辺に設置されていた防犯カメラ映像の分析を進めるとともに、事故の目撃者からも事情を聞くなどして事故発生の経緯を詳しく調べている。

☆☆☆

現場となった歩道は札幌市の繁華街にあり、自転車の走行も認められている区間。歩道はタイルを敷き詰めたような構造となっている。事故前には小雨が降っていたとみられ、タイル地の路面は滑りやすい状態だったとようだ。

人が乗っている状態の自転車が直に衝突したわけではないが、転倒する直前まで人が乗っていたことは確実であり、警察は自転車乗車中の事故、そしてそれに伴うひき逃げと判断して扱っている。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ