グッドイヤー、世界自然遺産を守る活動を支援 知床財団の車両にタイヤを提供

業界 レスポンス

日本グッドイヤーは、2018年4月より、知床財団の法人特別年会員として、世界自然遺産・知床の自然を守る同財団の活動支援を開始した。

グッドイヤーは、グローバルで掲げる「Goodyear Better Future」というCSRスローガンのもと、世界中の様々な地域で起きている課題への取組みや、地域のボランティア活動への支援をしている。昨年は、世界中で1200人以上のボランティア参加、6000時間以上の活動、そして70以上のボランティア活動をサポート。日本グッドイヤーとしても、今後、同活動の強化を図っていくため、その一環として、知床財団の活動支援を開始した。

1988年に設立された知床財団は、環境教育や普及啓発、野生生物の保護管理・調査研究、森づくりなどを行ってきた公益財団法人。世界自然遺産である知床の大自然を「知り・守り・伝える」ため、知床自然センター・羅臼ビジターセンター・知床五湖フィールドハウス・ルサフィールドハウスを拠点に活動を行っている。

日本グッドイヤーは、同財団の特別年会員としての支援に加え、同財団が保有する車両全11台に、日本グッドイヤーの夏タイヤおよび冬タイヤを継続的に提供していく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 日本グッドイヤーの冬タイヤを装着した知床財団が保有する車両
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ