BMW 8シリーズクーペ 新型、ルマン24時間の場でデビューが決定

新車 レスポンス

BMWは5月14日、新型『8シリーズクーペ』を6月15日、ルマン24時間耐久レースの場で初公開すると発表した。

初代『8シリーズ』は、BMWの最上級クーペとして1989年秋、フランクフルトモーターショーで発表。1999年に生産を終了した。その8シリーズが、およそ20年ぶりに復活を果たす。

新型8シリーズクーペは、2017年5月に公開された『コンセプト8シリーズ』の市販バージョンとして、6月15日、ルマン24時間耐久レースの場で初公開されることが決定。BMWは今年のルマン24時間耐久レースに、新型8シリーズクーペの高性能モデルとして開発中の「M8」のレーシングカー、「M8 GTE」で参戦する予定。BMWのルマン復帰を、新型8シリーズクーペのワールドプレミアとともに祝福する。

なおBMWは、新型8シリーズクーペのティザーイメージを1点公開。M8 GTEの向こう側に、新型8シリーズクーペが佇む姿を披露している。

  • 森脇稔
  • BMW 8シリーズクーペ 新型の開発プロトタイプ車
  • BMW 8シリーズクーペ 新型の開発プロトタイプ車
  • BMW 8シリーズクーペ 新型の開発プロトタイプ車
  • BMW 8シリーズクーペ 新型の開発プロトタイプ車
  • BMW 8シリーズクーペ 新型の開発プロトタイプ車
  • BMW 8シリーズクーペ 新型の開発プロトタイプ車
  • BMW 8シリーズクーペ 新型の開発プロトタイプ車
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ