ランボルギーニ ウラカン、ローマ教皇が慈善オークションに…新車価格の4倍で落札

モータースポーツ レスポンス

ランボルギーニは、ローマのフランシスコ教皇に寄贈した『ウラカン』のワンオフモデルがチャリティオークションに出品され、71万5000ユーロ(約9380万円)で落札された、と発表した。

このウラカンは、ランボルギーニのカスタマイズ部門「Ad Personam」が特別なカスタマイズを施したワンオフモデル。バチカン国旗に敬意を表し、白いボディカラーをベースに、イエローゴールドのストライプを配するなどのカスタマイズを行った。

2017年秋、バチカンで行われた寄贈式では、ランボルギーニのステファノ・ドメニカリCEOが、フランシスコ教皇にウラカンを引き渡し。フランシスコ教皇は、その場で車体にサインを添えている。

今回、このウラカンが、RMサザビーズがモナコで開催したオークションにチャリティ目的で出品。71万5000ユーロ(約9380円)と、新車価格のおよそ4倍の高値で落札された。なおフランシスコ教皇は売り上げの全額を、主にアフリカで女性や子どもを支援する活動を行っているイタリアの2つの団体などに寄贈する、としている。

  • 森脇稔
  • オークションの模様
  • ローマ教皇のランボルギーニ・ウラカン
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ