後付装着が可能なドライバーモニター、デンソーが販売…トラックやバス向け

業界 レスポンス

デンソーは、トラックやバスなど、商用車の交通事故低減に寄与する安全製品として既販車両に後付け装着可能なドライバーステータスモニターを5月15日から販売する。

今回販売する製品は、車室内のカメラで撮影したドライバーの顔の画像から、脇見、眠気、居眠り、不適切な運転姿勢などの運転状態を推定し、音声で警告する。

新製品は、提携しているフォトネーションの持つ顔画像認識、ニューラルネットワーク技術によって検出する顔特徴点を格段に増やし、運転状態の検知精度とマスクやサングラスなどによる顔の部分隠ぺいに対するロバスト性を大幅に高めた。

製品で検出した運転中のドライバーの状態はSDカードに記録され、運行管理者とドライバーは警報の回数や警報時のドライバーの画像などの運転状況を振り返って安全運転指導に役立てることができる。

また、今夏には、デンソーが発売予定の商用車向け新型テレマティクス端末、または富士通製のクラウド型デジタルタコグラフと連動させることで、リアルタイムに運行管理者にドライバーの居眠り運転などの状態を通知することも可能となる。

新製品は、既販車両に後付けで装着することが可能で、大型商用車への安全装置の普及を加速させ、前方不注意などに起因する事故の低減に貢献する。全国のバス・トラック販売店、デンソーセールス、デンソーサービス店などで販売を開始し、順次、海外でも販売していく予定。価格はオープン。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ