PSA、次世代グローバルエンジンをオペルで開発…ハイブリッドSUVも計画

業界 レスポンス

PSAグループは5月29日、次世代のグローバルエンジンをオペルのドイツのエンジニアリングセンターで開発すると発表した。

この次世代のグローバルエンジンは、排気量が1.6リットル。PSAグループのプジョー、シトロエン、DSをはじめ、グループの傘下に入ったオペル/ボクソール車にも搭載していく。

オペルのドイツの主力エンジニアリングセンターは、ドイツ・ヘッセン州リュッセルスハイムに位置。このリュッセルスハイムに、PSAグループは将来のすべての欧州向けオペル車の開発を集約。さらに、次世代のPSAグループのグローバルエンジンの開発も担わせる。

PSAグループは2018〜2023年にかけて、オペルのエンジニアリングセンターや工場に大型投資を行う予定。この投資を生かして、SUVのハイブリッド車も開発していく、としている。

  • 森脇稔
  • オペル・アストラ(参考画像)
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ