アルファロメオ 8C 次期型、電動化で700hp以上が目標

エコカー レスポンス

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は6月1日、2022年までに次期アルファロメオ『8C』を発売すると発表し、目標スペックを明らかにした。

アルファロメオ8Cは2000年代後半、クーペとスパイダー各500台が限定生産された。日本市場にも、少量を導入。8Cには、フェラーリ直系の4.7リットルV型8気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載。最大出力450ps/7000rpm、最大トルク47.9kg/4750rpmを引き出し、0〜100km/h加速4.2秒、最高速290km/hの性能を誇った。

アルファロメオはこの8Cの次期モデルを、2022年までに市場に投入する計画。新世代の8Cは世界のスポーツカーのトレンドに従い、パワートレーンを電動化。ミッドシップにツインターボエンジンを搭載し、フロントをモーターで駆動する。

エンジンとモーターを合わせて、システム全体で700hp以上の最大出力を発揮。カーボンファイバー製のモノコックシャシーと組み合わせられ、0〜100km/h加速3秒以下のパフォーマンスを実現する、としている。

  • 森脇稔
  • アルファロメオ 8C(参考画像)
  • アルファロメオ 8C(参考画像)
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ