日産、プロパイロットを20車種に拡大へ…電動車は年間100万台販売目指す 2022年目標

エコカー レスポンス

日産自動車は6月7日、環境や社会性、ガバナンスの分野における包括的な活動指針、「Nissan Sustainability 2022」を発表した。

環境への取り組みでは、新車からのCO2排出量を、2022年度までに2000年度比で40%削減する、とした点が大きい。この目標達成に貢献するのが電動車。日産は『リーフ』などのEVと「e-POWER」搭載車を、2022年度までに年間100万台販売することを目指す。

また、社会性に関する取り組みでは、自動運転機能の「プロパイロット」技術を、2022年度末までに世界20市場20車種に搭載することを発表。日産車が関わる死者数を、実質ゼロにすることを究極の目標に掲げる。

この他、EVの普及とともに、「V2X」システムをグローバルに拡大し、エネルギー管理を支援。V2Xは、車とあらゆるモノとの直接通信を可能にするもの。V2Xを利用すれば、危険な道路状況や信号機の状態、道路工事の状況などを、車両に通知することが可能になる。

  • 森脇稔
  • 日産リーフ新型(米国仕様)
  • 日産リーフ新型(米国仕様)
  • 日産プロパイロット
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ