プジョー最小SUV、これが「1008」のデザインだ! 登場は2020年

新車 レスポンス

プジョーのクロスオーバーSUVシリーズに、新たに加わると予想されている『1008』のレンダリングCGを入手した。『2008』『3008』『5008』に次ぐ第4のSUVであり、兄弟最小のモデルとなる。

届いたCGからは、先日報じた次期型『2008』同様、上位モデルとフロントマスクが統一化されていることが分かる。デイタイムランニングライトがグリルに向かうスポーティで個性的なヘッドライト、存在感のあるスキッドプレートなど兄貴ゆずりのデザインが継承されている。またルーフエンドに丸みをもたせクーペ感を出しているのも特徴的だ。

プラットフォームには、PSA最新の「CMP」(コンパクト・モジュラー・プラットフォーム)を採用。ボディサイズは、全長が3780mm、全幅が1700mm、全高は1490mm程度と予想されており、『108』より全体が数センチ程度大きくなりそうだ。

コンパクトながら、キャビン内も上位モデルと共通性が持たされそうだ。オプションの可能性は高いが、PSA最新の「i-Cockpit」デジタルインストルメント・クラスタや、デジタル画面の視認性を高めるコンパクトなステアリングホイールを装備する。

予想されるパワートレインは、1.2リットル及び1.5リットル直列3気筒ピュアテックターボエンジンの搭載だ。ベースモデルの108は日本未導入だが、人気のコンパクト・クロスオーバーSUVだけに日本市場導入の可能性もあるだろう。ワールドプレミアは2020年と予想される。

  • 子俣有司@Spyder7
  • プジョー 1008 開発車両スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • プジョー 1008 開発車両スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • プジョー 1008 開発車両スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • プジョー 1008 開発車両スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ