歩行者の意図を理解する自動運転システム、コンチネンタルが発表予定…CESアジア2018

テクノロジー レスポンス

コンチネンタルは6月11日、中国で6月13日に開幕するCESアジア2018において、人工知能(AI)やニューラルネットワーク、深層機械学習などの技術を備えた最新の自動運転向けシステムを初公開すると発表した。

コンチネンタルは、自動運転を含めた先進運転支援システム(ADAS)の開発において、深層機械学習ソリューションを重視。人工知能分野の経験豊富なエキスパートを集め、自動運転の開発を強化している。

自動運転車は、周囲の交通がどのような行動を意図しているか理解しておく必要がある。これは、複雑な運転状況では、ひとつの対象物、ひとつのセンサー、容易に予測できる環境で、意思決定を行うことができないため。

また、自動運転は常に、そして、いかなる状況であっても安全に動作することも必要。複雑な機構は設計、実装、およびテストなどの点で取り扱いが難しい。環境センシングから、運転ストラテジー計画、車両制御まで、さまざまなレベルの複雑な機構の処理を支援するため、深層機械学習に基づく手法が重要になる。

コンチネンタルは第5世代の多機能カメラを、2020年から量産化する予定。従来のコンピュータビジョンプロセスに加えて、人工知能の基本となるニューラルネットワーク(神経回路網)を使用する。これにより、自動運転車が歩行者の意図や動きを、より高度に理解することが可能になる、としている。

  • 森脇稔
  • コンチネンタルの最新の自動運転システム
  • コンチネンタルの最新の自動運転システム
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ