マツダ アクセラ 次期型、「SKYACTIV-X」搭載で11月発表か

新車 レスポンス

マツダの次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」搭載が期待されるCセグメントコンパクト『アクセラ』(海外名:マツダ3)次期型に関する最新情報を入手した。レスポンスの兄弟サイトSpyder7が作成した予想CGとともに紹介しよう。

今回入手した最新情報は、肝心のパワートレインに関するものだ。次期型アクセラに搭載される「SKYACTIV-X」エンジンは、1.5リットルと2リットルの直列4気筒エンジンになるという。そのスペックは最高出力187ps、最大トルク230Nmを発揮するようだ。さらにマイルドハイブリッドの採用も囁かれているという。

2017年に発表されたSKYACTIV-Xは、マツダ独自の燃焼方式「SPCCI(火花点火制御圧縮着火)」により、現行ガソリンエンジン「SKYACTIV-G」と比べ、最大で20〜30%出力アップする他、トルクも最大30%向上する。さらにガソリンエンジンでありながら、ディーゼルエンジン並みの燃費性能も実現する。この“究極”のエンジンを搭載する第一号が、次期型アクセラと予想されている。

エクステリアは、2017年東京モーターショーで初公開された『魁コンセプト』をベースに「SKYACTIV-Vehicle Architecture」(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)を採用し、魂動デザインが息を吹き込む。

今回制作したCGでは、魁コンセプトをベースとしながら、サイドのアンダー部分に張り出しを持たせ安定性をアップ。フロントはアンダー、サイドの吸気口を大型化してライト周りを囲むように大型LEDを配置。また、グリルと一体化したヘッドライトとの構成で立体的なデザインを表現、シンプルかつ上品な顔つきとしたがいかがだろうか。

SKYACTIV-Xの量産は2019年と公式に発表されている。次期型アクセラの登場も、これに合わせた形になるはずだ。気になるそのワールドプレミアは、今年11月のロサンゼルスモーターショーになる可能性が高い。

  • 子俣有司@Spyder7
  • マツダ アクセラ 次期型 予想CG《APOLLO NEWS SERVICE》
  • マツダ SKYACTIV-X 試作車(原稿アクセラベース)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • マツダ SKYACTIV-X 試作車(原稿アクセラベース)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • マツダ SKYACTIV-X 試作車(原稿アクセラベース)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • マツダ SKYACTIV-X 試作車(原稿アクセラベース)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • マツダ 魁コンセプト
  • マツダ 魁コンセプト
  • 魁コンセプトマツダ
  • マツダ次世代車両構造技術 スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー《写真提供 マツダ》
  • マツダ次世代車両構造技術 スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー《写真提供 マツダ》
  • マツダの次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ