VWジャパン、国際芸術祭に e-ゴルフ をオフィシャルカーとして提供へ

業界 レスポンス

フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は、7月29日から9月17日に開催される「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」のオフィシャルカーとして、電気自動車(EV)『e-ゴルフ』4台およびプラグインハイブリッド車(PHEV)『ゴルフGTE』1台を提供する。

越後妻有アートトリエンナーレは、過疎高齢化の進む日本有数の豪雪地・越後妻有地方(新潟県十日町市、津南町)を舞台に、2000年から3年に1度開催されている世界最大級の国際芸術祭。里山の暮らしが今も残る地域で、「人間は自然に内包される」を基本理念に、アートを媒介として地域に内在するさまざまな価値を掘り起し、その魅力を世界に発信し、地域再生の道筋を築くことを目指している。

e-ゴルフおよびゴルフGTEは、いずれも環境に優しい、同イベントの「人間は自然に内包される」という基本コンセプトに見事にマッチしたクルマ。イベント期間中は、760平方kmにもおよぶ、日本最大規模の国際アートイベントの会場を、芸術祭関係者をはじめ、アーティストや来賓の”足“として走る。なお、オフィシャルカーには、同芸術祭のクリエイティブディレクターである佐藤卓氏によるオリジナルデザインが予定されている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTE
  • 大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018(webサイト)
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ