プジョー パートナー 新型発表…「i-Cockpit」を商用車で初採用

新車 レスポンス

プジョーは6月26日、新型『パートナー』を発表した。

パートナーは、プジョーの主力LCV(小型商用車)。現行パートナーは2008年にデビュー。およそ10年ぶりのモデルチェンジを受けて、3世代目となる新型パートナーが登場した。

新型パートナーの特徴が、プジョー車向けの新世代コクピット、「i-Cockpit」の全車標準採用。i-Cockpitはプジョーが2012年、まずは『208』に採用。その後、導入車種を拡大し、現在では400万台以上にi-Cockpitが搭載されている。

新型パートナーには、LCVとして初めて、i-Cockpitを導入。最新のi-Cockpitは直感的かつ、より自然なドライビングエクスペリエンスを目指してデザインされた操作パネルを採用。人間工学に基づいたヘッドアップディスプレイやタッチスクリーンも装備している。

具体的には、ステアリングホイールをよりコンパクトにし、ドライバーの視界や足下スペースを開放できるように配慮。ヘッドアップディスプレイには、ドライバーが必要とする全ての情報を視界に映し出す。

大型8インチのタッチスクリーンは、インストルメントパネルの中央へ、タブレットのように配置。ナビゲーション、オーディオ、車両設定、電話などの主要な機能に直接アクセスできる、としている。

  • 森脇稔
  • プジョー・パートナー新型
  • プジョー・パートナー新型
  • プジョー・パートナー新型
  • プジョー・パートナー新型
  • プジョー・パートナー新型
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ