ポルシェ、マカン 次期型の生産準備…ドイツ工場を拡張へ

業界 レスポンス

ポルシェは7月4日、SUVの『マカン』(Porsche Macan)の次期モデルを、ドイツ・ライプツィヒ工場で生産することを決定した、と発表した。

マカンは、世界的に成功を収めている『カイエン』(Cayenne)の下に位置するSUVとして、2013年11月に発表。『911』シリーズに代表されるポルシェらしい優れたパフォーマンスを備え、コンパクトクラスのSUVセグメントに参入した。

シリーズの頂点に立つ『マカン ターボ パフォーマンス』は、直噴3.6リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載。最大出力は440ps/6000rpmを発生。0〜100km/h加速は4.4秒で駆け抜け、最高速は272km/hに到達する。

ポルシェは、次期マカンの生産準備として今後数年間、ライプツィヒ工場に数億ユーロを投資する計画。この投資を新しい車体プレス加工工場の建設など、工場の拡張に充当していく、としている。

  • 森脇稔
  • 現行ポルシェ・マカン(参考画像)
  • 現行ポルシェ・マカン(参考画像)
  • 現行ポルシェ・マカン(参考画像)
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ